ここ惚れ ワンワン! my treasure その1 ”美脚は生が一番”の巻

いかん、いかん、
どーも美術館や展覧会をマジメに紹介すると、愚痴や文句が多くなってしまう。。

んー、どうすれば...あっ!名案を思い付きましたよ!
自分の好きなモノを紹介して、それがここで見られるよ~って形にしたらいいじゃないですか。
そうすれば幾らでも簡単に書けるしね~

というわけで
記念すべき第1回はサントリー美術館の酒伝童子絵巻です!
 (普通は酒呑ですが酒伝・酒顛・酒天・朱点などいろんな書き方があります。読みはどれも「しゅてん」)

b0283699_21262194.jpg

   『酒伝童子絵巻』・中巻 (絵)狩野元信工房・(詞書染筆)定法寺公助 大永2年(1522)

え?、なんでこの作品を取り上げたかって?
そんなこと聞かないで下さいよ~そりゃ、足ですよ、足!
わたくし変な趣味はないんですが、これは日本の古美術の中では
一番キレイな足だと思います(キッパリ)。
彼女スタイルいいですよねー? あまり肉体を露わに描かない日本美術では出色。。
まぁ、無惨に切られちゃってますけど...盃に注がれてるのは被害者の血です((( ;゜ Д ゜)))
 (でも鬼退治に来た頼光も喰っちゃってるぞ、オイ...鬼を騙すためとは言えいーんかい...)

絵師の狩野元信(1476?-1559)は、お父さん(正信)の跡を継いで
狩野派ゼネコン化の礎を築いた狩野派の2代目。
孫の永徳、そのまた孫の探幽と隔世遺伝で桃山・江戸の様式を作った天才が続きます。
それぞれ素晴らしい作品があるのでおいおい紹介していきたいと思いますが、
私は元信が一番好きですな。

「酒伝童子絵巻」はサントリー美術館の「お伽草紙―この国は物語にあふれてる」展で
展示中です(11月4日まで)

  ただ3巻あって巻替えもあるのでこの場面が出ているかどうかは分りません。
  無責任ですいませんが、他にも面白い作品が多数あるので是非足を運んでみて下さい!!
  あ、下巻には鬼退治を終えた頼光たちが
  血まみれで斃れている被害者の骸を発見する場面もありますよ!
   (頼光が俺この娘喰っちゃったよ...みたいな顔してます...)
[PR]

by brevgarydavis | 2012-10-29 23:10