美術史の小窓 その5 ―何事のおはしますかは知らねどもカタジケナさに涙こぼるる...―

「病草紙」、と呼ばれる絵巻があります。
 といっても現在は全て断簡になってしまい絵巻の体はなしていませんが、12世紀末頃の原本が
 京都や九州の国立博物館をはじめとして20図(あるいは21図)、各地に所蔵されています。。
 様々な奇病や障碍、治療法などを描いたもので、ご存知の方も多いかも知れません。

一方今回取り上げるのは「異本病草紙」という絵巻。
 こちらは原本はおそらく既に失われて幾つかの模本で知られるのみ、「病草紙」よりも更に
 不可解な図が多く、本来「病草紙」と一連のものだったのかどうかもよく分りません。。
 ただ描かれた風俗などから原本はやはり藤末鎌初頃の作だったと推定されています。

その中で以前から一番気になっているのが下の図。
b0283699_2137429.jpg
 b0283699_21381761.jpg(注)
「異本病草紙」は模本による
 異同が多く、この図が
 含まれているのは現在
 京都国立博物館に所蔵される
 狩野探幽による模本のみ
 だろうと思います。









平安京の一隅、大通りに面した建物の中で、台に座った一人の女性が
裾をたくし上げてM字開脚。。
まわりには「ありがたや~」とばかりに手を合わせる人や、
施しを貰おうとする乞食の家族などがいてちょっとした賑わいですな...
...ってなんじゃこりゃー?? 
お××こ丸見えやないですか~ノ( ̄0 ̄;)。。

これはもしや浅草ロック坐的な...いやいやそうじゃないですよね。
だって拝んでる人もいるし女性の見物人もいる、、それに右の方には3人のお坊さんの姿も。。
 とくにイカガワシイことをしてるような雰囲気はありません。。
恐らくは、この女性に何か仏教的な奇跡が起こっていて、
 それを聞きつけた人々が集まってるんじゃないでしょうか。。

一体何が起こってるんでしょう??皆さんいい考えありますか?

アソコが観音様の形になってるとか..うーん、そうは見えぬの~観音開きではあるけど..

今んところ私の考えとしては、、女性の尿がクサイんじゃないかと思うんです...
 根拠は女性の前に桶のようなものが置かれてるから、ってだけなんですが...
  おしっこがすごく好い匂いがするとか...ん??それってただの糖尿?病草紙だし...
   見ればこの子、ちょいと太り気味のような...

b0283699_0132479.jpg 
 時代は百年ほど下りますが、尿信仰
 という意味では「天狗草紙」や
 「魔仏一如絵」という絵巻にも一遍の
 尿を信者がありがたがって飲む場面
 があります。。
  (旧仏教の側から時宗はこんないかがわしい
    事をしてるゾ~って ことで描かれた絵ですが、
    一遍が尿療法を薦めたことは事実のようです)






「魔仏一如絵」、27×900cm、室町時代、日本大学総合学術情報センター蔵

ん~でも分らん。。結局のところ詞書がないと真相は不明ですね。
絵を見る限りでは、フィクションではなく実際に平安京で起こった事件(あるいは噂?)に
取材したように思われるので、当時の古記録や説話集もずいぶん捜してみたんですが
関係ありそうな記事は見つけられませんでした。。

でもこの絵を見ると以前、にしおかすみこの八つ墓村(ちょい懐かしいギャグね)を見た
徳光さんが股間に手を合わせてた場面を思い出すんよね~
       まぁ男としては気持ちは分るけどさ(・・。)ゞ テヘ。。。
[PR]

by brevgarydavis | 2012-12-09 23:34