色彩を持たない多崎つくるの友達の色と、著作権切れの年

先週、関西旅行に行ってきましたよ。
主な目的は京博で開催中の「狩野山楽・山雪」展を見ることでしたが、、
ついでにいくつか他の美術館やお寺も巡って参りました。
で、まずは「美の饗演 関西コレクションズ」(国立国際美術館)の感想なぞ。

関西方面ということだと年に1,2回は行くんですけど、
大阪中心部には3,4年に一度しか行かないものですから、
行った時には梅田~中ノ島辺りに高層ビルがニョキニョキ増えてるのを実感しますね~。
グランフロント開業で盛り上がってる大阪人の皆さんを横目に、閑散とした国際美術館へGO!!

関西の6つの美術館(国立国際、大阪市立近代(建設準備室)、京都国立近代、滋賀県立近代、兵庫県立、和歌山県立近代)から近現代の欧米美術を選んで展示するという企画。
何年か前にやった大阪コレクションズの拡張版ですね。
海外の美術館から大金かけて作品借りてこなくても、近所のコレクションだけで結構充実した展覧会
構成できるやん、ということで味を占めたのは良いんですけど、入館料1200円は取りすぎだわ~。
実際のところ、ほとんど準常設展みたいなもんでしょ...。
ま、展示自体はたっぷり楽しめたからいいんだけどさ。。

我が国の公立美術館が欧米の作品を本格的に収集するようになったのは70年代後半からでしょうか。
山梨のミレーや福岡のミロを嚆矢として、80~90年代には猫も杓子も館の目玉とすべくフランス印象派やエコールドパリ、アメリカの戦後美術などを買い集めました。
成金みたようなと揶揄されても美術ファンとしては心躍る時代でしたが、残念ながら大半の美術館ではまとまったコレクションに育つ前にバブルが崩壊してアトが続かなかった...。
いつもおんなじモネやルノワールがポツンと飾ってある美術館よりも、いっそ海外作品には手を出さずに地元の作品中心の堅実な展示を守っている公立美術館の方が頭良さげに見えたりもします。

滋賀県やいわき市が開館時に買い集めたアメリカの戦後美術なんてホント素晴らしいと思いますが、
新規の購入ほとんどなし、関連の展覧会もめったに開かれず、という時期が続くと段々死蔵に近い状態になって常設展示室がドンヨリしてくるのも致し方ないところ。
私もあそことあそこのコレクションを併せれば結構スゴイのに、とか勝手に妄想してましたから
ここ十数年来、美術館どうしの交換展や連携展が増えたのは予算削減に伴う苦肉の策にせよ
自分たちの持っている財産に光を当てる良い機会ではありました。

そんなコレクション見直し展の中でも真打ち級の企画が今回の展覧会。。

一部屋にロスコ4点とアーシル・ゴーキーが並ぶなんて贅沢ですわ~今からじゃ二度と買えん!!
他にも、ブランクーシ3点、ジョゼフ・コーネル5点、ウォーホル3点(14枚!)、リヒター2点、等々。。
下手な海外美術館展よりよっぽど堪能できますよ~!イスはもっと置いて欲しいけどさー。
 (ホントは国立美術館だったら、これくらいの外国作品が常設であって、さらに2,3倍日本の近現代
  美術の展示があって、デザインや写真の展示もある、位が当たり前だと思うんですがね...)

で、今回特に紹介したいのはモーリス・ルイス(1912-62)。。
ルイスって美術史的にもかなり重要な画家だと思うし、ヴェールと呼ばれる作品群(下の上2点です)
なんかはロスコ並みに癒されるんですけど、割と安いんだよねー!!
ポロックやロスコ、デ・クーニングなんかの傑作を今さら日本の美術館が買うのは全く不可能ですが、
ルイスなら、買・え・ま・す・よ、奥さん! (下の「Nun」は2007年に1億8千万円余で購入したものですし、東近美も2008年に「神酒」を7500万円余で購入してます)。

常々お買い得な画家だと感じてたので、
ロト7でも当たったら、値上がり目当てに3,4枚買うことを妄想して一人ほくそ笑んでたんですが、、
先月テレビを見ていたら、、
村上春樹氏の新刊のニュースでなにやら見覚えのある感覚のカラフルな縦線が...
最初ルイス風に真似したカバーかな?と思ったけど、翌日本屋で確認してみるとやはりルイス!
来たー!!ルイスついに来たぜ!!100万人がルイス買いましたよ!
ってあれっ?私がロト7当たる前に来たら困るがな...

考えてみると、彼が亡くなったのは1962年。去年の年末で日本における著作権が切れたんですね。
これも村上氏の作品でよく起こる偶然の一致というやつでしょうか。。
まぁブログにも心置きなく載せることができる訳です...

b0283699_23472725.jpg
              「ダレット・ペー」、234×367cm、1959、滋賀県立近代美術館蔵
b0283699_23474078.jpg
                  「Nun」、249×351cm、1959、国立国際美術館蔵
b0283699_23474958.jpg
          「オミクロン」、262×412cm、1960、大阪市立近代美術館建設準備室蔵

ルイスの作品をいくつか見るにはクリスティーズの過去の落札結果が良いです。。
  (村上作品のカバーに使われた「Pillar of Fire」は2ページ目にあります)
ルイス関連の基本的な情報は以前川村記念美術館でやった展覧会の概要でどうぞ。。

あ、「美の饗演 関西コレクションズ」は7月15日まで長~く開催してますから是非ご高覧あれ。。
[PR]

by brevgarydavis | 2013-04-30 23:50