<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【承前】 日の本の癩者に生れて...その2(企画展示の巻)

今回は前々々回の続きで国立ハンセン病資料館で開かれている企画展、
「一遍聖絵・極楽寺絵図にみるハンセン病患者~中世前期の患者への眼差しと処遇~」
を御紹介。

小さな展示室なので展覧に供されているものは多くはありません。
1.「極楽寺境内絵図」と若干の出土品(極楽寺蔵)。
   (14世紀第2四半期頃の極楽寺最盛期の様子を描いた江戸時代の境内図)
2.「一遍聖絵」(清浄光寺ほか蔵)の複製と拡大パネル。
   (正安元年(1299)に制作された有名な12巻本の絵巻)
3.「一遍上人縁起絵(遊行上人縁起絵とも)(清浄光寺蔵)の複製(6/22~7/5のみ江戸時代の写本を展示)
   (14世紀初めに制作された一遍と他阿真教の伝を描いた10巻本絵巻の模本の模本)

と、これだけ。しかも1以外は複製ですから特別興味があるっていう人じゃなきゃ行く価値ないかも。。
しかし私はなにげに特別興味のある人なのであった...。


実際行ってみると、複製は良く出来てましたし拡大パネルも想像以上に効果的。ひじり絵全巻を是非拡大パネルで見たいぞ!と思った位。展示品が少ないなりに一定の満足感は得られました。
一方残念だったのは、単に中世の絵の中で癩者や施療施設が描かれている作品を並べました、っていう以上の意図をほとんど感じられなかったことですね。ハンセン病資料館ということで、仏教が近代以前の癩病差別にどう加担し一部の宗教者がそれにどう抗ったのか、それが民衆の癩病観にいかなる影響を与えたのかなど、もっと突っ込んだ解説を期待したんですがそういう気合いの入った展示ではありませんでした。
多分学芸員の方々の専門が近代以降のハンセン病史中心で、中世史や絵画史に詳しい人がいないのではと想像しました。。

それじゃ不肖わたくしが...というような学識は残念ながら無いので以下素朴な感想を二つ三つ。。
 (大体「一遍聖絵」についての話ですけどね)

この「一遍聖絵」、数ある日本絵画の中でも様々なアプローチを許す本当にたぐい稀な作品。
逆に言うと「一遍聖絵」を通して他の絵では窺えない鎌倉時代の多様な一面が垣間見えるということ。
70年代くらいまでは単純な仏教史&美術史方面からの研究が主でしたが、近年はそれに加えて次の二つの研究手法が目立つようになってきました。

一つ目は、ひじり絵に描かれた多様なモチーフを、文字資料に残らない歴史を解明する手がかりとして用いる絵画史料論的アプローチ。。
昔からある図像学的研究の延長とも言えるけど、民衆の生活文化に光を当てようとする日本の民俗学やフランスのアナール学派などの影響を受けて試みられるようになった手法という面が強いのかな~。我が国の中世の絵巻物は世界的に見てもこの手の材料の宝庫なんですが、中でも「一遍聖絵」は今回の癩病患者の様子などのように普段他の絵巻に登場しないモチーフを豊富に含む異例の絵巻。
黒田日出男さんの「絵巻物と中世身分制」(『境界の中世、象徴の中世』,東京大学出版,1986所収) あたりを嚆矢として既に多くの研究があります。

もう一つのアプローチは、最近やたら目にする「まなざし」論。多分フーコーの"le regarde" をヒントに美術史では80年代以降ノーマン・ブライソン(江戸時代に関する本を沢山出してるタイモン・スクリーチさんの先生ですね)なんかが、絵の中の"gaze (なまざし)" を読み解くっていう手法を提案し始めたんじゃないかと思うんですが...(ここらへんのムツカシイ話は疎いので信用しないで下さい)。まぁ要するに芸術作品の中に潜む隠された前提としての”上から目線”とか”男目線”とかを見付けようという話(多分)。西洋絵画によくある、意味もなくオッパイぽろんなんていう絵が male gaze(男目線)の絵だ、なんてのは私にも分かりますが、共感できない強引な説も多いような気がするかな...。

ここ20年位はとりあえず「まなざし」とか「視線」って付ければ今時の研究っぽいだろう感じで乱用されてる感もあったりして...(この展覧会でもせっかく副題に「~中世前期の患者への眼差しと処遇~」ってあるのになんのつっこんだ分析もなし!一遍聖絵ほど豊富な突っ込み所がある絵は他にないのにね~)。

「一遍聖絵」に癩者など被差別民の描写が多いというのも、結局のところ他の絵巻制作者とはそれらの人々に対する人間観や眼差しの違いが根底にあるからに他なりません。多くの絵巻を横断的に見ていくと「年中行事絵巻」などに代表される他の中世の絵巻においては、民衆は貴族階級に対置される軽躁かつ周縁的な存在として”上から目線”で描かれるのに較べて、一般民衆から賎民に至るまでを分け隔てなく誠実な生活者として描く「一遍聖絵」の視線は極めて特異なものであることが実感できます。

そうした違いは実は2の「一遍聖絵」と3の「一遍上人縁起絵」との間にもあるんですよね。

「一遍聖絵」の方は異母弟とも言われる聖戒を中心に恐らくは純粋な一遍追慕の念で制作されたもの。
宋元の山水画に触発されたかと思われる広漠とした山河表現を背景に、賦算一筋に決然と歩み続ける一遍の姿が英雄的に写し留められています。

それに対して「一遍上人縁起絵」の方は、他阿真教が一遍の正統な後継者であることを示そうとする宣教的意図が明白な作品(全10巻のうち後半6巻は真教伝)。鎌倉後期に多く制作された他宗派の祖師絵伝類と同じく説明的描写が多くて「一遍聖絵」に較べると単調かつ類型的な感は否めません。

癩者の描写も、今回の展示でも提示されていた巻三の甚目寺で施しを受ける場面を除くと、登場する回数も少なく実感の伴わない絵画的イディオムに堕してしまっている感があります。あまつさえ巻六の詞書には「(もし教団の戒を破ったら)今生にては白癩黒癩となりて、後生には阿弥陀仏の四十八願にもれ三悪道に堕て永く浮かぶべからず」と誓う場面さえ出て来ます。「約束を破ったら癩病になっても文句は言いません」というのは中世の起請文の決まり文句ですが、教団を頼りにしていた癩者達に対してはいかにも配慮のない言葉ですよね...。当時は病者の側も神罰だ業病だというのを当然のこととして受け入れていたのかも知れませんが、信仰とは当人が阿弥陀仏と結縁すること以外の何物でもないと考え、教団を作ることにも否定的だったと言われる一遍が生きていれば、何を余計なことをと一蹴したに違いありません。


b0283699_16404836.jpg



(つづく)
[PR]

by brevgarydavis | 2013-07-31 16:51

その思いはプライスレス...若冲や芦雪ならマスターカードで。。

早くしないと又せっかくの展覧会が終わっちゃうので、、ハンセン病資料館の企画展示の前に
今盛岡で開催されてるプライスコレクション展を軽くご紹介。
 (といってもあんまり展覧会自体には触れませんが...)

美術に興味のある方は既にご存じの通り、米国の江戸絵画コレクター、ジョー&エツコ・プライス夫妻が幾許かでも東日本大震災の被災者はじめ東北の人たちの慰めになれば、とコレクションを貸与することを申し出てくれて実現した展覧会 (かたじけないことですね...(´;ω;`))。

私が行ったのは仙台での最終日、かつゴールデンウィークの最終日というゲロ混みの仙台市博物館。
おかげでほとんど図録買いに行ったようなもんでしたわ~(そしたらAmazonでも売ってるし)(爆)。
ちょっと前にテレビでこの展覧会で来てる芦雪の絵を紹介してるの見たら(テレ東で毎週土曜夜10時に放送してるあれ、なんていう番組でしたっけ?)、岩手県立美術館での展示が比較的新しい館だけあって一番快適に見られそうな感じかな(7月15日まで)。
あるいは東京方面からの交通費を安あがりに済ませたい方は、夏休みに福島県立美術館で見るというのもおススメです(7月27日~9月23日)。


しかしまぁー最近の若冲人気は凄いですな。。
この展覧会のタイトルも
「若冲が来てくれました」ってのがデカデカと。完全若冲単押し。
100点以上の出品作のうち若冲は17点だけで他の人たちも沢山来てくれてるんですけどね。

2006年に東博で開催されたプライスコレクション展がその年の1日当りの入場者数世界最多の展覧会になった時も驚きましたが、去年ワシントンD.C.のナショナルギャラリーでやった「動植綵絵」の展示がやはりアメリカでの2012年1日当り入場者数最多の展覧会になったのには更にビックリしました。

だって”Jakuchu”なんて言ったってアメリカではほぼ無名。。
それが過去のナショナルギャラリーでのモナリザ展やツタンカーメン展、ゴーギャン展、フェルメール展といった歴史的なブロックバスター展に匹敵する入場者数だったというんですから日本人としては誇らしいのを通り越して「なんで?」という気持ち(実は私、そこまで若冲好きでもないんですわ...)。

ワシントンに桜が贈られて100年記念だったとかNYタイムズはじめ展評が絶賛してたというのもありますが、行った人の感想をネットで読むと本当に「動植綵絵」に多大な感銘を受けた人が多くて口コミで人気が広がったみたい。。
やっぱりあれだけ濃密絢爛な大連作というのはどこの文化圏の人の目でも無条件に引きつけると思いますし、Zen の絵だってのを強調してる記事や感想も多かった。。キリスト教の宗教画の連作なんかと頭の中で較べてみて、彼我の違いにショックを受けたというか、草木国土悉皆成仏みたいな東洋的仏教的世界観を感じたアメリカ人も多かったんじゃないでしょうか(田舎からサクラ見に出て来たアメリカ人観光客を買いかぶり過ぎかなー?)。


若冲の人気がこれほどまでに至ったのには、大きなきっかけが二つありました。
まずは1968年、辻惟雄氏が「奇想の系譜」(『美術手帖』誌上に連載)で若冲を取り上げたこと。
 (これを受けて1971年には初めての本格的な若冲展が東博で開催されました)
ただこの時には知名度は美術好きの人止まりで、一般の人々の間にまで若冲という名前が浸透することはなかったと思います。

次のきっかけは2000年に京都の国立博物館で大規模な回顧展が開かれたこと。
ここからの十数年間の若冲人気はまさに右肩上がり、ブームと云っても良い位。。あれよあれよという間に若冲は北斎や雪舟にも並ぶほどの日本人なら誰でも知ってる画家の一人になりました。
Cinii で若冲関連の論文を検索してみても、
  1968年迄は6件、1968~2000年が56件、2000~2013年が123件という激増ぶりです。

でも若冲は辻先生が取り上げる以前にも決してマイナーな絵師という訳ではなかったんですよね。
存命中は京都の絵描きの中でも応挙らと並んで屈指の評価を受けていましたし、近代に入っても岡倉天心の『日本美術史』(c.1890~92) や『稿本日本帝国美術略史』(1901) などの中でもちゃんとそれなりの重みを持って取り上げられています。今手元にないけど(カビアレルギーなので小汚い古本はみんな売っちゃったんですよ~≧0≦)それ以降の一般向けの日本美術の通史でも名前くらいは出てたような記憶があります。
東大の美術史の学生でも若冲なんてほとんど知らなかった、って辻先生は語ってますが、昔の学生は一般向けの通史とかは読まなかったのかな~?確かに当時の日本美術史ではその辺の画家はほとんどマトモに論じられていなかったのは全くの事実なんですが...(なぜそういう扱いになったのかは長くなるので又の機会にでも...)。

近年の若冲再評価において辻惟雄氏が最大の功労者であることは云うまでもありません。
しかし美術史家が注目したものだけが美術という訳でもないですし、コレクターや骨董商、明治生まれの絵描きさんなど「若冲?当然知ってるよ」という人も実際にはゴマンといたはず。。
美術史と言っても受容史を考える際にはもうちょっと重層的な語りが必要という感じはしますね。
 (最近「当時は無名だった若冲が…」というような論評が多くて何となく気になってたので...)

おまけとして、
b0283699_03039100.jpg大正15年の秋に東京帝室博物館(表慶館)で開催された初めての近代的若冲展の絵ハガキ。
「動植綵絵」が相国寺以外で全幅展示されたのもこれが最初なんだそうです(秋山光夫氏解説)。
翌年には恩賜京都博物館、1961年には山形の本間美術館でも若冲展がありました。
b0283699_145138.jpg
 
  (小さくて字読めないですよね。。クリックで拡大とかの方法が分んなかったので...すいません)
[PR]

by brevgarydavis | 2013-07-20 13:52

山形で、世界の起源や石膏像の起源について考えた。

仙台まで若冲見に行ったついでに、お隣の山形県にもちらっと立ち寄って参りましたのでご紹介。

主な目的は山形美術館で吉野石膏コレクションを見ること。。
吉野石膏コレクションは印象派などの近代西洋絵画と近現代の日本画を主とするコレクションで、
西洋絵画は山形美術館に、日本画は天童市美術館に寄託されています。
(吉野石膏は現在は東京に本社がある会社ですが、元々は山形県で創業された由)

東京ではBunkamuraや日本橋三越で展示された時に見てるんですが、ぜひ本場の山形で見たいもんだとずっと思ってたんですよー。
公的な美術館(山形美術館は正確には財団法人の運営で県立でも市立でもありません)に常設展示されてるフランス絵画としては質量ともに西美に次ぐ規模のもの。ピサロ7枚とかモネ6枚など量的にもスゴイですし、セザンヌやマネなどたいへん魅力的な作品も多くあります。。その一方我が国のこの手のコレクションの通弊で、なくもがなって作品も結構あるね(まぁそこらへんは好みの違いと思って我慢するか...)。

b0283699_21205836.jpg中でも一番見たかった1枚といえば、左のクールベ作「ジョーの肖像 美しきアイルランド女」(54×64cm、c.1872)。
なぜって彼女ジョーことジョアンナ・ヒファーナンは今はオルセー美術館が所蔵するかの「世界の起源」(良い子は見ないでね❤)のモデルだと言われている女性。男なら下だけ見て顔を見られないってのはどうにも落ち着きませんよね。
でもそのために山形までしっかり「世界の起源」のコピーを持って出向いちゃう自分って...ヾ(- -;)。。
ただおケケの色が髪と違い過ぎるな…(観察は忘れませんよ(`ω´)キリッ )。

メトロポリタン美術館(1865)やスウェーデン国立美術館(1866)にも同構図のヒファーナンの肖像があり、この作品は直接的にはストックホルムのレプリカと思われますが、1872年というクールベの気力もかなり衰えて来た時期の再制作品なので図版で比較する限りでは出来はやや前二者より落ちる感じ。
それでもこういう美術史的に話のネタになる作品が日本にあるというのはありがたいことです。
 (ちなみに2001年にサザビーズで187万5750ドルだったもの)


閑話休題。。

吉野石膏って聞いてもあんまり普段の生活に馴染みはないような気がしますよね。
でも調べて見ると意外に我々一般人にも縁のある会社なんですよ~。。
まずは住宅やオフィスの壁とか天井とかによく使われてる石膏ボード。7~8割は吉野石膏の製品ということですから、皆さんもお世話になってるに違いありません。
あるいはグラウンドの白線(これは正確には石膏じゃないみたい)や陶磁器,入れ歯なんかの型として。
意外なところでは私たち日本人は日常的に石膏食べちゃってるって知ってました?
お豆腐の凝固剤として石膏(硫酸カルシウム)は普通に使われてるんですよー!
 (最近は昔ながらの「にがり」(塩化マグネシウムが主成分)で凝固させた豆腐も増えてますけど
大人の日本人だったらこれまでの人生で1キロ位は石膏食べてる計算になるようです(+_+;)...。

しかし美術に関係ある石膏と云えば、、
なんといっても美大生のデッサンとか、お金持ちのお宅の飾りに使われるあの石膏像

かつて高校の美術の授業でラボルトをデッサンさせられた時、「日本の石膏像のおおもとは東京藝大にあって、各地の美大なんかにある像はそのコピー、今みんながデッサンしてるのはその又コピーのコピーのコピーぐらいの像なんだぞ~」って美術の先生が言ってたのが妙に印象に残りました。
「ふーん、じゃあ藝大の像が一番価値が高いのか...日本中の石膏像の親子関係が知りたいもんだ」と今思えばやけに美術史的な興味を抱いたのを覚えています(当時は特に美術好きって訳でもなかったんですけどね)。。
その先生は藝大の像はボストン美術館から貰ったもんだとも言ってましたが、荒木慎也氏の研究(『近代画説』20) によるとボストンから贈られたものはルネッサンスの大形像が中心でラボルトやミロヴィ、アグリッパといった美大受験生にお馴染みのメジャーな像は含まれてないみたい。。そうしたものはお雇い外国人が持ちこんだり東京美術学校がフランスから輸入したものらしい。

同じ石膏像でも例えばV&Aのキャストコートに展示されてるような素晴らしい逸品と近所の画材店で売ってるようなカドの甘々な像とは質の面で天と地ほどの違いがありますよね。
藝大に収蔵されてる像も一応はオリジナルからのファーストコピーの類なんだろうと想像しますがどうなんでしょうか...日本の石膏像の質は大枠それ次第な訳ですからね...(ちなみに韓国の石膏像も日本の系統らしいです)。

石膏像の制作はルネッサンス思想の高まりを受けて古代彫刻の発掘が盛んになった16世紀頃から本格的に始まったようで、19世紀には古代ギリシャからルネッサンスに至る名作彫刻の石膏像を系統的に収集展示することが欧米で大流行します。
しかし20世紀に入ると、苟くも美の殿堂たる美術館に偽物やコピーを展示するなどあってはならぬというホンモノ志向が高まり、しょせん複製芸術に過ぎずオーラに欠けると見做された石膏像は次々とお蔵入りの憂き目に...。ボストン美術館の場合も場所を取るのでお払箱にしたかった所に東京美術学校からそれなら譲ってほしいと申し込みがあって渡りに舟だったみたい。

しかし考えて見れば、ブロンズ作品では鋳造によるコピーが立派に本物として展示されてる訳ですし、古代ローマの大理石彫刻だって石製ってだけで多くはギリシャ作品からのコピーに過ぎません。
石膏像だって本来はそんなにバカにしたもんじゃないはずですよね。その上今じゃもとの彫刻から新たに型を取るなんてのは認められる可能性ほとんどゼロですから、早い時期にオリジナルから制作された良質の石膏像の価値は決して低くないんじゃないでしょうか。

V&Aはじめフランス文化財博物館やプーシキン美術館など一部の美術館では今でも石膏像が立派に展示されてますが、それ以外でも欧米の歴史のある館には19世紀に作った質の高い石膏像がたくさん収蔵庫の中で死蔵されてるに違いないと想像します。

b0283699_14135397.jpgで、吉野石膏さんっ!
お願いだからどっかからその手の石膏像一括で買ってきて山形美術館に寄贈してくれませんか!
これほど石膏屋さんに相応しい貢献はないでしょ!藝大よりも質の高い日本一の石膏像コレクションが山形にあるなんて愉快じゃないですか!(東京に展示するとバカにする欧米人がいそうってのもあるけど)。どうせ向こうの美術館でも持て余してるんでしょうから、「ヨーロッパに行けない貧しい日本の画学生の為に」とか言いくるめれば激安価格で展示しきれないほど譲ってくれるんじゃないかな~。

ってなことを、とりとめもなく考えながら山形から新幹線で帰ってきたのでした...。

(徳島の大塚国際美術館なんかも聞いた時は「そんなインチキなもん作る金があったら...」と思いましたが、行ってみたら結構凄いところでしたしね)

(上の絵は山形美術館とは関係なくてメナード美術館の新収品で現在初公開中のゴッホです(10月6日まで)。むかし竹井美術館にあった絵ですけど未見なので近いうちに行って見なきゃ!)
[PR]

by brevgarydavis | 2013-07-10 21:48