祝!五島美術館 リニューアルオープン!

五島美術館が2年ほどの休館を経てリニューアルオープンしました。
さっそくお邪魔してきましたよ。。
b0283699_1993643.jpg

基本的には吉田五十八のオリジナルデザインを生かした控えめな改修。。
一番変わったのは1室だけだった展示室が2室に増えたこと。
  (第二展示室に行く通路部分も含めれば3室ですが)。

前の展示室のバックヤード部分を展示室にするのかな、と想像していましたが、

実際にはエントランスホールをはさんで、旧集会室を展示室に改修、
以前トイレや応接室があった辺も狭いながらもミュージアムショップや休憩コーナーになりました。

なるほど、これはこれで館全体への回遊性が高まって上手い配置だと思います。
これまではほとんど右にしか行かなかったからな~
ロビーもすっきりして好印象です。

展示ケースなども以前のイメージを踏襲していて、言われなければ変わったことに気づかない人も
いるかも。
五島美術館、以前から展示作品の見やすさでは定評がありましたが、
見やすさはそのままに、より洗練された雰囲気になりました。
あ、天井も変わったかな。。長イスが増設されたのもポイント高し。。

もちろん設備などは更新してるんでしょうが、やり過ぎた所は皆無で全てにさりげなく、
名建築の増改築として、おおいに感心しました。。

愛染明王さんも久しぶりにお帰りになって入館した閑な善男善女?たちを睨み付けておられます...。


ここで、前々から気になっていたギモンを一つ。
この美術館は源氏物語絵巻や紫式部日記絵巻を所蔵していることもあって
寝殿造を模した近代和風建築になっているんですが、
気になっているのはその柱の色
b0283699_197067.jpg
藤色というか、小豆色というか
不思議な色ですよね。
で、この塗装、
紫式部日記絵巻を
マネしたんじゃないかと思うんです。

b0283699_1983017.jpg


ほら? ね?
でもそうだとしたら、これって実は変。。
なぜかって?
だってこの絵の柱は本来こんな色じゃなかったんですよ。。
もともとは鉛白に朱(多分)を混ぜて、いわゆる
肌色みたいな色にして白木を表現したもの
だったんです。
それが鉛白が酸化(正確には硫化?)して黒く
変色したためにこんな薄紫みたいな色に
なっちゃったんです。
  (伝統建築にこんな色した柱はありません!)

さりながら怪我の功名と申しましょうか、これが結構自然で上品な感じに仕上がってるんだから
不思議なもんですよね。

まさか朱やベンガラにしたら神社みたいだし、黒や青銅色にしたら陰気だし、本来の白木の色に
塗ったら擬木みたいでインチキくさいし、、、
結局この中途半端な紫色がなんともイイ感じに高貴感を醸し出してるという...

しかーも!!こっ、これは後に東急に乗り入れることになる
半蔵門線のラインカラーじゃないですか( ̄□ ̄;)!!
吉田五十八...恐るべし...

んー、なぜかアズキアイス食べたくなってきたので今日はこのへんで...
展示品に関してはまた機会を改めて紹介します。。
いや、ラムレーズンにしようかな...
[PR]

# by brevgarydavis | 2012-11-04 20:57

探訪・AFRICAN ART MUSEUM (山梨県北杜市)

ふぅー、風邪をひいてダウンしております。
熱は38度もないくらいなんですが、咽喉はヒリヒリ、鼻はグジュグジュ、関節が痛いです(泣)。。
休んで徒然なためブログ書いて閑をつぶすという...。
急に朝晩冷え込むようになってきたので皆さんもお気を付け下さい。。

というわけで、、

しばらく前ですが、山梨のAFRICAN ART MUSEUMに行ってきました。。
b0283699_20223.jpg

交通はちょっと不便、
最寄の中央本線の長坂駅からでも歩くと30分位はかかります。
清春白樺美術館の近くといえばおおよその場所がお分かりになる方もいるでしょう。
車で行かないとキビシイかも。。

  伊豆にもアフリカンアートギャラリー(現在は感・無・料という名前で活動されてるようです)
   っていう所がありましたが、あそことはまた別の美術館です。



で、もしかしてもしかするとこれはすごい美術館じゃないの?
という気がふつふつと...。
じゃないの?としか書けないのは私のアフリカ美術に対する知識が貧弱なためなんですが、、、
 むむむ、だれか詳しい方教えてくれませんかぁ~

特に仰天したのが イフェとベニン(共にナイジェリア)のブロンズ彫刻のコレクション。。

 短い字数でちゃんと説明するのは無理なので、適宜書物やネットを参照して欲しいのですが、
 イフェでは12~15世紀頃、ベニンでは16~18世紀頃を中心に
 卓越した写実的なブロンズ彫刻が作られました。

 イフェのブロンズは極めて希少で
 大英博物館が出している小冊子にもナイジェリア国外にあるイフェのブロンズは大英博物館に
 ある1点だけ(1938年に出土した17点の内の一つ)と説明されています。
 確かに他のアフリカ美術を収蔵している美術館のカタログ等でも全く見たことがありません。
 

 ベニンのブロンズは古くから僅かにはヨーロッパでも知られていたようですが、
 なんといっても広く知られるきっかけになったのは、
 悪名高い1897年のイギリス軍によるベニンシティの略奪
 (大英帝国から見れば英国人殺害に対する懲罰的報復)から。。
 略奪された2000点余の文化財のうち、かなりの部分が遠征費の足しとして売却されたため、
 現在では大英博物館以外にも、多くの博物館や個人が所有するところとなっており、
 時折数千万円というような値段でオークションに登場することがあります。

で、そのイフェやベニンのブロンズがここにはごろごろあるんです!!
b0283699_159632.jpg
最初見たときは、え!?レプリカ?って
思いましたよ(失礼な話ですが...)
なにしろナイジェリアの国立博物館にあるものにそっくりだけど、より大きくて立派なものがあるという極めて怪しい状況。。
彼の国にあれば国宝中の国宝として扱われる
こと間違いない品々。。
 それが、こんな所に??(度々失礼。。)

でもいくら見ても贋物に見えない...
  図録を買って家で本物の図版と比べて
  みましたが、、違いが分らぬ...

うーん、そもそもアフリカ美術に対する私の知識では、とても鑑識することなど無理。。
図録ではカーボンテストで15cや17cの結果が出ているとの説明ですが、ブロンズのカーボンテストってなんだろう??
内部に煤でも残っていてC14のテストをしたということでしょうか? 


思い当たるのは、骨董屋さんを訪ねる、みたいな新書で東京かんかんの小川弘氏が
店で一番貴重なものとしてイフェのブロンズなるものを紹介していたこと。
そのときもホントに?って思いましたけど、、もしやこれは新しく盗掘されたものが小川氏ルートで日本に来てるってことでしょうか??

ブロンズ以外の展示作品もしっかりした時代のある極めて質の高いもののように思われます。


アフリカンアートミュージアムは伊藤満氏という以前資生堂宣伝部におられた方が
開設した美術館。

アフリカ美術が1800点、それ以外のいわゆるプリミティヴアートが700点、
”世界有数のアフリカ美術のコレクション” というのは過大な表現ではありません。
africanartmuseum.jp 
(館長さんのブログで多くの作品が紹介されています) 

日本では他に得難い貴重なアフリカンアート鑑賞の場だと思います。
strongly recommendedですよ!!
 (東京にあれば年に数回は行くんだけどな~)
[PR]

# by brevgarydavis | 2012-11-03 02:01

またまた運慶仏発見!?美術史の小窓 その1

東博の研究誌、『MUSEUM』の640号で興味深い記事が出てましたので軽く紹介しておきます。。

法政大学の神野祐太氏による
  「東京国立博物館・静嘉堂文庫美術館分蔵十二神将像の伝来と作者―京都・浄瑠璃寺からの
   流出と運慶銘発見記事―」
という論文。
b0283699_1504188.jpg
論旨は明快で、明治35年11月22日の『毎日新聞』に、
件の彫像の胎内に「上坊別当執筆、大仏師運慶」の銘があるとの記事を発見したとのことです。
 (勿論運慶仏として認められるためには記事の伝えるとおり
   実際に銘があるか否か確認する必要があります)

髪際高2尺余の小像ですが、東京にある慶派の佳品として
仏像好きの人にはお馴染みでしょう。

一般的には運慶周辺の造像という評価で、
たしかに運慶仏としてはちょっと内部からの充実感に欠け、
弱い印象もあるかな~満願寺像や青蓮院伝来毘沙門天像の方がピチピチパンパンで運慶っぽい感じがするけどね~。

工房の問題か、或いは破損が甚だしかったということなので後補の影響が大きいのか、いやいや、こういうのも運慶仏なんだという風に認識が変わるのか、楽しみですね。。

当初岩崎家と東博に入ったのは5体、2体だけだったようですが、2,3年前に申像を東博が購入(8000万円、論文が出る前に買っといて良かった(ー。ー))して結局この2館に12体全部が集まることになりました。

近年新発見が相次ぐ運慶仏。やっぱママの言うとおり自分の名前は書いといた方がいいようで...


東博所蔵の5体は12月2日まで本館1Fで展示中です。。


おまけ・・運慶作品リスト(確実な作品及び比較的広く認められている作品)

1.大日如来坐像(奈良・円成寺多宝塔)、1176、【台座内墨書銘】
2.阿弥陀如来坐像・不動明王二童子・毘沙門天立像(静岡・願成就院)、1186、【像内銘札】
3?.仏頭・仏手・光背化仏(奈良・興福寺)、1186、『類聚世要抄』
4.阿弥陀如来及両脇侍像・不動明王・毘沙門天立像(神奈川・浄楽寺)、1189、【像内銘札】
5.大日如来坐像(東京・真如苑)、1193?、作風・構造
6.大日如来坐像(栃木・光得寺)、1190年代後半?、作風・構造
7.八大童子立像(うち6体)(和歌山・金剛峯寺)、1197、作風・構造
8.聖観音・梵天・帝釈天立像(愛知・瀧山寺)、1201、作風・伝称
9.金剛力士立像(奈良・東大寺南大門)、1203、【金剛杵墨書】
10?.俊乗上人(重源)坐像(奈良・東大寺俊乗堂)、1206以降、作風
11.弥勒仏坐像・無著・世親菩薩立像(奈良・興福寺北円堂)、1212、『猪熊関白記』
12?.四天王立像(奈良・興福寺南円堂)、もと11と一具との説
13.大威徳明王坐像(神奈川・称名寺)、1216、【納入文書】
14?.舞楽面(神奈川・瀬戸神社)、1219頃?、追銘・作風
15.地蔵菩薩坐像(京都・六波羅蜜寺)、作風・伝称

これに加えて

16.十二神将立像(静嘉堂文庫美術館・東京国立博物館)

となりますかどうか、今後の展開に乞うご期待です!!
[PR]

# by brevgarydavis | 2012-11-03 01:52

ブログのタイトルを変更しました

ブログのタイトル、変更しました。。
『銀河鉄道の夜』でジョバンニが持っていた天上にさえ行ける不思議な切符です。
[PR]

# by brevgarydavis | 2012-10-30 19:44

ここ惚れ ワンワン! my treasure その2 ”飛鳥美人のほっぺ”の巻

上野の国立博物館に法隆寺宝物館という建物があります。
そこに伎楽面という大昔の仮面が展示されているのをご存じの方は多いかも知れません。
でもそこに美人がひとり住んでいるのは知ってますか?

えっ?呉女の仮面のことだろうって?お詳しいですねっ!

でもそうじゃないんですよぅ。。
ほら、いるでしょう?
b0283699_1042555.jpg

いやいや、このゴツいおっさんじゃないですよ、、
ジャーン!!(拡大図)
b0283699_10455056.jpg

肉感的なイイ女でしょっ?
この面は未完成品のため、飛鳥時代の工人が描いた落書きが残ってるんですよ!

7世紀後半から8世紀の初め頃、有名な高松塚古墳とほとんど同時期の絵です。。
この少し後になると正倉院の「鳥毛立女屏風」みたいに
同時期の唐の影響を受けたふくよかなしもぶくれ顔が美人の基準になっちゃいます(悲)。。

唐でも7世紀には細身の美人が流行してたので(壁画や陶俑で分かるんです~)
これも工人の個人的な好みというより、国際的な美人顔だったのかも。

その後はずぅーっと「源氏物語絵巻」に代表されるような
引目鉤鼻のぷっくらかわいい顔が流行して、
この手の艶めかしい美女が再登場するのは桃山時代まで待たなくてはなりません。。
 (MOA美術館の「湯女図」なんかが典型的な例ですね) 

だいたい日本人の女性の好みって

   先進国からセクシーなタイプが到来 ⇒
      しばらくそれに憧れるが、次第に可愛ゆくロリコン化したタイプに落ち着く


って経過をたどる気がします。
好きな顔のタイプは変わっても、日本人の性向みたいなのは変わんないのかも。。

飛鳥時代にささっ、と数分で生を吹きこまれたこの美女、、
 数日で削り取られるはずだったのかも知れませんが
なんの因果か1300年も長生きして世の(ごく一部の)男性を魅了し続けることになりました。。
でもだんだん影が薄くなってるような気がするぞ~(気のせいか?)
彼女に会えるのも今のうちですよ!

どの面に描いてあるかですって?それはご自分で探してみて下さい。楽しいですから。。

伎楽面は春・夏・秋に一ヶ月程度ずつ展示されます。
今秋は10月30日~11月25日まで。
[PR]

# by brevgarydavis | 2012-10-30 09:51